Press "Enter" to skip to content

健診の受診勧奨がされる理由を教えます

健診が受診勧奨される理由を紹介します。特定健診、特定保健指導が40歳から74歳の間の被保険者、被扶養者を対象に実施されます。特定健診とは健康項目の中に腹囲の計測が新たに追加されます。メタボリックシンドロームの改善と予防が目的です。特定健診の結果によって、必要度に応じた保健指導が実施されていきます。内臓脂肪の蓄積が要因のメタボリックシンドロームは、脂質異常症(高中性脂肪もしくは、低HDLコレステロール血症)、高血糖、高血圧などの動脈硬化の危険因子が集積している事です。動脈硬化が起こると、心臓病や脳卒中を起こすことがあり、日本人の死因の1/3を占めています。日本では2008年から特定健診、特定保健指導を義務化しています。特定健診では、メタボシックシンドロームとは言わず、内臓脂肪症候群と言っています。

特定健診で実施される健診項目と保健指導

健診が受診勧奨されているのは、動脈硬化等の生活習慣病を未然に防ぎ、健康に生活をしていくことにありますが、40歳を過ぎると、特定健診を受ける必要があります。特定健診の必須項目として、質問表(服薬歴、喫煙歴等)、身体測定、理学的検査、血圧測定、血液検査(血糖検査、脂質検査、肝機能検査)、検尿があります。その他、医師が必要と判断した場合に実施する項目として、心電図、眼底検査、貧血検査があります。特定健診の結果次第で特定保健指導対象者の選定は行われます。まず、肥満リスクの測定として、腹囲が男性で85cm以上、女性で90cm以上、もしくはBMIが25以上で尚且つ、血糖、脂質、血圧、喫煙の項目で基準を超えたものが1つでもあると、特定保健指導の対象となります。ただし、高血圧、糖尿病、脂質異常症で医師から処方された薬を飲んでいる方は、対象とはなりません。

特定保健指導と実施の流れと内容

健診が受診勧奨されていますが、健診での結果次第では特定保健指導の対象となります。特定保健指導とは、対象者が自分の健康状態をきちんと理解し、生活習慣改善に向け、行動目標を設定し、実施できるように、医師、保健師等による支援が行われます。健診での結果によって、動機付け支援と積極的支援のどちらかに該当した方に実施されます。動機付け支援は支援を原則1回行い、対象者が生活習慣を改善に向けた行動を継続できるように目指した支援で6ヶ月後に評価を行います。積極的支援が動機付け支援に加え、3ヶ月以上の定期的、継続的な支援を行い、生活習慣の改善を目指します。6ヶ月後に評価を行います。血液中の遊離脂肪酸を増加させる要素がタバコにはあり、内臓脂肪が結果的に増えてしまいます。また、動脈硬化を進行させる要因ともなりますので、まずは禁煙から始めるのも効果があります。

案内発送から予約手配、受診勧奨、結果データ一元化、精算までを一括代行するネットワーク健診サービスです。 働く女性の健康支援、被扶養者健診等をお任せ下さい。 全国47都道府県(一部離島含む)に拡がる提携医療機関ネットワークにおいて健診を受診いただきます。 特定保健指導案内や健診結果に基づく二次健診の受診勧奨(電話・メール・郵送対応可)を代行します。 というご要望にお応えします。 健診の受診勧奨ならウェルネス・コミュニケーションズ