Press "Enter" to skip to content

受診勧奨される健診の特徴とその理由とは

健診とは血圧や肥満などの健康状態を確認し、良くない生活習慣を見直すための一次予防的な検査のことをいいます。同じ読み方でも検診とは目的が異なっており、検診はがんや特定の臓器などに対して行うもので、病気などを早期発見するための検査になります。健診にもいくつかの種類があり、それぞれ内容も異なってきます。事業主は年に一度、従業員に健診を行う義務がありますし、学校では法律に定められた健診があります。また、各地域の自治体でも費用を一部負担するなどして健診を受けるよう推奨している地域がほとんどです。病気になってからでは体への負担はもちろん、費用や時間も多くかかることになりますので、そうなる前に健診の受診勧奨がされています。これらの健診は無料または一部の自己負担で検査を受けることができます。

健康診断を受診した方がいい理由とは

国や自治体では健診の受診勧奨を積極的に行っていて、自治体から健診の案内通知を受け取ったことがある方も多くいることでしょう。定期的に健診を受けることで自覚症状のない病気などを早期に発見することができれば、病状の進行を遅らせたり、適切な治療を早い段階で行うことができます。初期段階に自覚症状が現れにくい病気として高血圧や糖尿病などが代表の生活習慣病がありますが、健診で行う血圧の測定や血液検査などにより血糖値の変化を把握することができます。これらの生活習慣病は自覚症状が出てからでは体への負担もかかりますから、定期的に健診を受けて健康な体を維持することが一番だといえるでしょう。国からの補助で受診できる公的健診は自己負担額が少額で済みます。健診内容も簡単にできる項目が多いので、今まで健診を受けてこなかった方も受けてみてはいかがでしょうか。

健診の内容とおすすめする検査とは

基本的な健診には最低限の内容として身長体重や血圧想定などの身体検査と、尿検査があります。もちろんこれらも重要な検査であることは間違いないのですが、これだけでは充分とは言えません。これらに加えて採血検査を行えば、肝機能や血糖値などを調べることができますし、更に詳細な検査を行えば腎機能や尿酸などを調べることも可能です。また、心電図では心臓の動きなどの検査ができます。これらは、会社に勤める方や公的補助の出る健診でも多く受診勧奨されている内容ですので、ぜひ受けておきたいものです。職場で受ける健診費用は全額雇用主の負担となりますが、胃がん検査であったり女性特有の乳がんや子宮頸がんの検査も含めて受けることができる企業もあります。また、従業員の家族にも健診費用を負担することもありますのでうまく利用するとよいでしょう。