Press "Enter" to skip to content

受診勧奨される健診を受けるメリット・デメリット

企業や地方自治体などで健診が年1回もしくは、職種によって半年に1回受診しなければなりません。しかし、健診を受けない方もみえるのではないでしょうか。今まで病気ひとつしたことが無いから健康だと思い、体調が悪くなってから、症状が悪化してから受診されているのではないでしょうか。厚生労働省では受診勧奨を励行しています。健診を受けていない方には受診勧奨し早目の受診を促すことにより、疾病の予防や早期発見に繋がることを目的としています。今は医学の発達により治る病気も増えてきましたが、それでも入院や治療により家庭・職場に迷惑を掛けることになります。いつまで健康でいられるでしょうか。健診を受ける事により疾病の早期発見・早目の治療ができるように、年1回の健診の受けるよう受診勧奨を励行しているのです。

なぜ健診が受診勧奨されるのかを説明します

皆さんは職場または地方自治体で健診を受けていますか。職場では健診の結果を提出及び保管したり、公共機関工事などでは健診を受診したか否かを提出する場合もあります。しかしながら、地方自治体が行っている健診は申込書が送られてきても受診しない方もいたり、申し込みをしてもついつい行きそびれてしまう方もみえます。または、検診を受けた後に再検査などでそのままで放置している方もみえるのではないでしょうか。このような方に受診勧奨を励行する機関があります。一般的に書面によって通達されます。疾病の早期発見や早期治療を目的とすることや、成人病・三大疾病などに対して早めに対応することで症状の悪化を防ぎ、病を治す事へのステップとして検診又は再検査や専門医・かかりつけ医への受診を勧奨しているのです。

健診の受診勧奨のメリット・デメリット

年に1回の健診はついつい行きそびれてしまいがちです。また、現在病院に通院しているから検診は受けなくてもよいとして受診しない方もみえます。検診を受けても一般検診のみで特定健診である大腸がんや胃がん、子宮頸がんや乳がんなどの検査は別途追加料金が加算されたりすることで、受診しない方もみえます。健診を受けない方への受診勧奨を励行しています。これは厚生労働省が健診受診率を高めるために行っているもので、疾病の予防や早期発見に繋がることを目的としています。受診勧奨を行うことで健診を受けようと行動することでこの様なメリットに繋がります。早くに病気が分かって良かった、症状が軽くて日常生活の改善で済んだなどといったことです。また、デメリットとして一般健診のみの受診ではわかりにくい病気もあることです。年齢によって受診しなくてもよい検査もありますし検査料も別途必要となります。